2018年インド、ジェティアン・ラジギール平和行進


非常に綺麗な状態で保たれているジェティアン寺


2018年12月13日インド・ジェティアン村において恒例の「世界平和行進」が行われた。数年前から行われている行事で世界中から1000人を超える僧俗が集まる。再三出向依頼を受けていたがやっとこのと参加できた。1999年私たちがここに来た時はインドの普通の村であったがこの20年、高知県仏教青年会が仏像復興を行った結果、私達の手を離れ世界に知られる聖地となった。

当日は10時くらいからジェティアン村へ托鉢に向かう。村人から辻々で果物やお菓子を鉢に入れてくれる。かつてラオスのルアンパバーンで100人程度の托鉢を見たがここでは数百人の僧侶の托鉢。いままで見た中では最も多い数である。村の奥に進むと昼食が用意され、これは僧俗(ただし信者は外国人のみ)ともにいただける。

昼食後は式典会場に集まるが、何せ世界各国の僧侶が集まるのでそれぞれの僧侶同士の法衣から顔立ちまで変わるので、コミニケーション大会が始まる。言葉は通じなくても携帯で写真の取合い。日本人は私たちと現地の日本人僧侶数人だったので、非常に珍しくどこに行っても記念写真をせがまれた。

式典が始まると各国代表と主催者側のナーランダ大学などの代表などのスピーチ。約1時間ほど行われた。式典後はジェティアンからラジギールの竹林精舎へ約12キロの平和行進が行われる。この道はかつてお釈迦様が通られた旧道で生活道路としてはあまり使われていない。舗装もされていない昔ながらの道である。

今回は時間がないのと諸事情で歩くことは叶わなかったが現在のジェティアンがこれほどもでに復興したことを確かめて帰路についた。


ネパールの細密仏画


ネパールにある浄土真宗寺院・カトマンズ本願寺の僧侶スニタさんのお父さんシュクラ・バハドル・ラマさんはカトマンズ本願寺本堂の内陣を書かれた有名な仏画師である。ネパールのお土産屋などで見られる仏画よりも数段精密な細密画を数人のお弟子と共に描かれている。

閑静な住宅街にある工房は日本などから依頼を受けた仏画など数点が描かれており、細密画用の筆や筆の形を整える道具などがおかれ、制作途中の仏画や数年かけて製作中の大型作品の涅槃図(お釈迦様が亡くなった時の様子)が目を引いた。ネパールにはこのような工房がいくつもあり日本人留学生もいるそうである。

かつて日本も家庭の仏壇本尊の絵像などを書く多くの仏画師がいたはずだが、今や写真、印刷技術が進み家庭のお仏壇の仏さまの絵像は印刷されたものが多くなった。ちなみに浄土真宗は仏画師が一部手書きした本願寺の発行する絵像の安置を推奨している。

ホテルに仏画を持ってきていただき吟味

真言宗で使う曼荼羅

シュクラさんスニタさん家族と共に

数年かけて制作中の涅槃図

阿弥陀仏。制作に1ヶ月ほど

道具

お弟子さんが曼荼羅を仕上げていた

阿弥陀仏絵像


第四回ジェティアン・ラジギール平和行進


2017年12月13日、高知県仏教青年会が復興し今や世界的に名が知られ始めたジェティアンで第4回のジェティアンからラジギールまでの13キロほどを歩く平和行進が行われた。世界各国から2000人以上の方が参加し、世界中の各国僧侶、信者が集まった。

参加要請は毎年受けるが12月の忙しい時期ということもあり参加はできなかったが現地の事務局が参加した。主催はアメリカの仏教興隆組織でブッダガヤやタイなどでも積極的に活動しているグループである。しかしながら上座部、大乗、分けへだてなく集まることはさすが聖地インドだと思う。

ゲート

オーガナイザー入場証

高知仏青が復興したお堂の説明写真 jethian

 

ジェティアンにあるお釈迦様がおられた洞窟

三蔵法師も滞在されたジェティアン

メインステージJethian Puja

東アジアからは韓国からもたくさんのお坊さんが見えられた。

僧俗一緒に平和行進

沢山の方が参加

インド人上座部僧侶

 


ルアン・パバーンの托鉢


ラオスの古都ルアン・パバーンは昔のままの町並みを残している。アジア内陸部のこの街はメコン川中流沿いの街ではあるが急流で海からの物資輸送がもともと困難で、フランスの植民地時代にも大きなインフラ整備もおこなわれず、しかも独立後は社会主義国家であったため開発からは縁遠かったことが要因である。

現在街自体がユネスコ登録の保護対象下にあり、街は3階建てのビルが1件だけ(ユネスコ登録前に建設)であり新しく建物を作るにはユネスコの厳しい審査が待っている。街はコンビニもなくファストフード店もない。朝は6時には街が開き夜7時には真っ暗になる本来の普通の人間の生活が保たれている。その朝一番におこなわれるのが僧侶への供養である。

ルアン・パバーンのメインストリートには毎朝各寺院から約200名ほどの僧侶と見習いの子供僧が集まり一列になって托鉢をしていく。それに会うために世界から多くの観光客が集まる。もちろん東南アジアすべての朝は各地で同じような托鉢がおこなわれているが観光化しているのはこの街だけだろう。

もちろん観光化しているのは在家側の話でお坊さんは戒律をしっかり守り托鉢修行されている。各寺院やグループごとに先頭には住職やリーダーが数名歩き、あとは出家した順に見習いの未成年僧侶が歩いていく。観光に来た人は托鉢供養のもち米など入手ができないため、托鉢専門の物売りから供養の品を買い供養していく。こうなるとビジネスの世界だから供養の品の相場を知らない外国人から多少?の上乗せをして儲けようとする人もいるわけでガイドブックやガイドからは注意喚起を耳にする。とはいえ観光客も多少高くてもせっかく来たんだから彼らから購入し供養する。そしてその数が半端ではない。観光シーズンになると何百人の観光客からの供養がある。托鉢される僧侶も托鉢の鉢なんて数十メートル歩けば鉢がいっぱいになり入らなくなる。そのため数十メートルおきにバケツを置いて鉢の中身を入れる場所が用意されている。せっかくの供養を捨てているように見えるがあとで各お寺に振り分けて持って帰る。またその一部は貧しい家庭にも施されるそうだ。

なにはともあれ、僧侶には多くの供養が施され、金持ちの観光客よりお金がラオス人にまわり、また一部は貧しい人にも施されていくシステムである。しかも仏縁のなかった西洋人には仏縁がつながる。

現在ラオスはニューヨーク・タイムズの世界で最もいきたい国ランキング1位である。しかし必ず近代化されるのでこの数年が山だと思う。

ルアン・パバーンの町並み。ビルなど一切ない

先頭の指導者の僧侶、供養するのは観光客

ルアン・パバーンの托鉢

見習い僧。サーマネーラ。バケツはいっぱいになった施しを入れるバケツ。少年僧は多少選り好みしていらないものを入れている感じ。

托鉢の様子、しっかり作法通り裸足である。

供養の品の補充。托鉢専門業者より

捨てているのではありません。あとでお寺に持っていきます。

ところどころに現地人の供養も見られる


カトマンズ近郊チベット村の絨毯工場


ネパール、カトマンズのパタン地区近郊にチベット人が多く住むエリアがある。主な産業の一つにチベット絨毯があり幾つかの工場がある。そのうちの一つを訪問した。

チベット亡命政府のあるダラムサラでもたくさんのこのような工場があり全て伝統的な手作りで作られている。その工程たるや例えば畳一畳分を作るのに数ヶ月を要し、また製品自体も非常にクオリティーが高い。日本にもこれを輸入して扱う業者は多い。使えば使うほど光沢が増し、新品よりも使い込まれたアンティークの値打ちが高い。

さてこのエリアもカトマンズ地震で大きく傷つき更地になってその後手をつけられない箇所も多い。工場ではチベット人のおばさんが十数人黙々と絨毯を作る。今は全く機械化されていないがそのうち一部は機械化が進むのかもと思いつつ見学。

しかしいつもチベット人は笑顔を見せれば100%笑顔が返ってくる。本当に気持ちが良い。ネパール人も比較的笑顔を見せるが、インドではあまり見られない。

絨毯の倉庫には大量の絨毯が大小様々なサイズが販売され事務所を訪ねると世界中のバイヤーの名刺がずらり。倉庫には祭壇がありダライ・ラマ法王の写真が置かれていた。事務員のおばさんはインドで法王と撮ったツーショット写真を自慢げに見せてくれた。法王はネパールには長い間お出ででないそうだ。

質素な工場にたくさんの織り機がある

絨毯工場兼販売所入り口

絨毯をつくる方々

チベット人の主な産業でもある

各種デザインの絨毯

店内には法王の祭壇。

大小サイズの絨毯

人気の虎柄、工場、職人によりデザインは変わる。

 


ベトナム沈香


お香の中で最も希少で高級なものを「沙羅」(きゃら)という。特にベトナム産は昔から最高級であり、その希少性から近年価格が急騰し最近は金より高価で取引されることもあるとのこと。あまりにも高いのでそれより一段クラスの下がる「沈香」(じんこう)が通常、仏事や香道で使われる。これも産出される東南アジアの中でベトナム産が最も人気がある。

伽羅や沈香はある種の木の傷などから出る脂が木の中で長時間かけて変化して出来るのもであり、脂の多さが価値を決める。普通は自然にしかできないが、人工的にこれを作る技術が出来ておりベトナムでは大量に作られている。

沈香の天然物と人工物は出来のいい物は素人目には区別は難しく、また香りも普通に沈香のいい香りがする。また人工といっても特定の木を大量に植樹し人工的に傷をつけて、あとは自然に長年成長するのを待つという作業で、一応傷つける以外は自然の力で作られるので「天然物」とし販売する業者もいるそうである。

さて最近日本のお香屋などでよく聞く話に「沈香はもうない」「入手しずらい」とよく聞くことが多い。確かにワシントン条約の規制にかかっている天然物は取り尽くされかけているので、今後も入手は困難になるだろうが、大量に作られている人工沈香は植樹沈香木も大きく育ち、新たな植樹も増えているので入手は今後は容易(安価)になっていくのではないかと思う。

いいお香が安く手に入れるようになることはありがたいことで、お経の中にもいいお香をたくとより修行が高まるといった事柄が書かれている。

 

こんな大きな沈香がゴロゴロしている

沈香木

人工の沈香。これが最高級レベルとのこと。非常にいい香りがする。

ホーチミン某所のお香屋。こういった規模のお香屋が何件も連なっているエリアがある。

 


ブッダガヤ大塔世界平和祈念法要


2016年10月2日ブッダガヤ大塔のお釈迦様が悟りをひらかれた金剛座前でブッダガヤ大塔管理委員会協力のもと高知県仏教青年会主催による世界平和祈念法要が行われた。

日本からは真言宗、西山浄土宗そして浄土真宗の有志が参加した。特に日本仏教界では高野山開山1200年や法然上人800大回遠忌、親鸞聖人750回大遠忌も重なる期間であり、それをご縁としてブッダガヤで修行を重ねるインド人上座部僧侶を招き、合同平和祈念法要を修行した。

半年前より大塔管理委員会代表に会い今回の法要開催を快諾いただき上座部代表として前日のジェティアン村法要と同じく導師と招いていたが、緊急に市長との会議が入り欠席されたのは残念であったが、お手替わり僧侶による丁寧なパーリー経典の読経を頂くことができた。

多くの参拝者が見守る中、最初このパーリー語による読経が行われ、その後日本僧による読経。高知県仏教青年会会長より世界平和祈念表白を仏前に奉告の後、般若心経、重誓偈が読経された。法要中菩提樹の葉が頭上より降り注ぎ、このうえない無上の荘厳となった。

法要前に仏教青年会の仏旗バッジを記念に配る

大塔管理委員会のよびかけにより20名のインド人僧侶に来ていただいた。

参加の日本人僧侶。

法要説明中

法要の流れが説明される

法要準備終了

パーリー法要 赤い袈裟の方がご導師。


ブッダガヤでの正信偈


浄土真宗のお勤め(お経)の定番は「正信偈」である。普通に読んで30分ちかくかかる。インドは広く聖地参拝旅行では時間が制限され、どうしても滞在時間は短く駆け足のような参拝となる。したがってインド聖地巡礼では偈文と呼ばれる「重誓偈」という5分くらいのお経を勤めることが多い。他の宗派で言えば「般若心経」的なものだ。

さてブッダガヤの大塔はお釈迦様が悟りを開かれた極めて重要な聖地であり、誰もが自分の信仰する教えのお経を読みあげたいと願う。かつて駐在していた時は浄土真宗の僧侶は私だけだったので一人でこの「正信偈」を勤め上げたことはあったが、複数でのお勤めは一度もしたことがなかった。

2016年10月有志の浄土真宗のお坊さんと共に大塔の金剛法座前のダライ・ラマ法王などが大きい法要を務められる場所で「正信偈」を勤めることができた。しかも五条袈裟という略式ではない和装法衣をまとってのお勤め。通常海外旅行では貨物重量が制限されるため基本的に通常の服や作務衣の上に輪袈裟と略衣を着ての参拝をすることが多い。

前々から一度行いたいと思っていたが、なかなかご縁に会えず今回初めてのご縁となった。滞在時間、人数、法衣を用意することなどいろんなご縁が揃わないとこういった法要は行えない。本当にありがたいご縁であった。

5名でのお勤め。大塔の菩提樹は目の前。

準備をして今からお勤め。

正信偈のお勤め中

お勤めしたお坊さん方々


インドで托鉢


2016年10月1日高知県仏教青年会が放置されていた仏像を復興しその仏像のために堂宇(お堂)を建てたインド、ジェティアン村で、堂宇建設16周年法要の一環として初の日本人僧侶による托鉢が行われた。

ジェティアン村は小さい村で托鉢をしたメインロードも道幅は4mほどで、昔からのインドの村らしいお釈迦様の時代と変わらないような道を十数人の僧侶が一列になり歩いた。準備の段階で浄土系などは托鉢自体あまりしないため鉢の所有者が少なくタイなどでよく見る大きい托鉢鉢を入手しようとしたが、仏教徒の少ないインドでは入手できず、インド人ガイド氏の発案により、なんと同じ大きさの料理用ステンレスボールを使用した。

静々と村の中に進んでいくと所々の家の玄関先から托鉢鉢に喜捨を入れていただく。喜捨をいただいた時お坊さんからありがとうを言うことはない。頭を下げることすらしない。逆にお坊さんに布施ができてありがたいと喜捨をする方が思うのが本当の姿である。これがなかなか日本人僧侶はできずどうしても頭を下げてしまう。鉢には干しぶどうや果物やビスケットなどを入れていただく。村の道を約400Mほど歩き最終地点になる村の公民館的な会合広場でこれらをいただいた。

インドで仏教僧が托鉢をするというのは一般イメージとしてよく行われそうだが、東南アジア仏教国とちがって仏教徒のほとんどいないインドではあまり見ることができない。仏教徒のいないジェティアン村では非常に珍しい行事なのでたくさんの人が集まって見学していた。これが縁で一人でもいいから仏教に関心を持ってくれたらと切に願う。

なお日本人による托鉢はインドでは珍しい行事だったのでインド現地記者のレポートがある。詳しくはここをクリック。

托鉢の様子

食事前に般若心経のお勤め

村の会合所でいただく

実物の托鉢の鉢が入手できないため、大きさ形が似た一般家庭で使われるインド製タッパ型のステンレスボールを使用。デリーでやっと入手したもの。

托鉢で喜捨されたもの

珍しがるジェティアンの村民。村人は100%ヒンドゥー教徒。仏教徒ではない。

村の会合所。

村のメインロード


霊鷲山の西方浄土


インドのラジギールにある霊鷲山(りょうじゅせん)は法華経と無量寿経がとかれた極めて重要な聖地である。平たく言うと「南無妙法蓮華経」と「南無阿弥陀仏」をお釈迦様が説いた場所である。

さてこの山に登ると50名ほどが参拝できるレンガ造りの簡単な参拝施設がある。この施設のお参りする向きがちょうど西向きで西方浄土に向かってお参りできるようになっている。

お釈迦様はこの場所で法華経を説いている最中にわざわざ中断して説いたのが無量寿経であることなどから、浄土系は無量寿経こそが出世本懐つまりお釈迦様はこの教えを説くために生まれてきたと考えている。当然法華経系はその反対と考える。考えはいろいろある。

ただ浄土真宗僧侶としてはこの施設が西方を向いてお参りできる施設になってる事実はありがたく感じる。この聖地はちょっとした山頂ににあり、かつては虎や強盗が出没する場所であったため、比較的安全な早朝にお参りするように多くの団体参拝旅行ではプログラムされているが、浄土系僧侶はあえて添乗員さんにお願いして西方浄土に夕日が沈む光景を拝むことができる夕方にお参りしたらどうだろう。

霊鷲山参拝。西方に沈む夕日

霊鷲山の頂上を下から望む

 

霊鷲山参拝中

霊鷲山にて。日没後は一気に暗くなるので夕方参拝の帰りは機敏な行動を。