10月常例法座より通常通り

10月19日20日の常例法座は門徒報恩講です。
例年通り御斎もいただきます。
インド菩提樹ですが今までで最大に育ちました。
お彼岸は彼岸花ですね。

9月常例法座

9月19日20日常例法座が行われました。
講師は広島の平慈敬師でした。
弘願寺御本尊 阿弥陀如来

永代経修行

9月7、8日永代経法要が実施されました。講師は兵庫の足利孝之師。昭和60年の得度(お坊さんになる修行)以来お世話になり35年間お世話になっております。今回椅子は密を避けて配置しました。
荘厳(お飾り)は夏仕様です。
今回から寄贈のあった内陣椅子。
お坊さんも椅子仕様です。住職はのみ正座です。
法要献花
法要中、「阿弥陀経作法」です。「作法」とはつまり平たく言えばお経、阿弥陀経をより丁寧にしたお経といった方が解りやすいです。
足利孝之師89歳。本願寺派布教使で現役最高齢級です。
台風で来山の予約飛行機がキャンセルになり予定前日から来ていただきました。
コロナで参拝者は少ないと思いましたが、ほぼ満堂でした
朝も多くのお参りがありました。
最後の昼の布教も朝以上に多くの方がおいでになりました。年齢的にこれが最後のご縁となり、皆さん真剣に聴聞しています。先生の一つ一つの言葉を通して阿弥陀様の願いが心に響きます。

台風10号被害

境内灯が破損、部品が廃盤で修理に苦労しました。
そのほか銀杏の葉の7割くらいが飛んでしまいました。
秋は落葉が少なくなりそうです。

「お磨き」実施

9月3日朝「お磨き」を実施しました。仏具のお磨きと本堂境内の大掃除です。
年に一度永代経法要前に行われます。台風9号が近づき1時間前まで大雨がぴったりやみ、晴れ間も出ました。台風で参加者も少ないかと思いきや30名近い参加がありました。ありがたいことです。
本堂横の鬱蒼とした垣根も刈り上げます。
きれいになりました
境内もそれぞれ自由に整備いただきます。

永代経法要案内

9月7日午後7時半、8日午前10時、1時半の3座永代経法要がつとまります。
講師は御歳89歳。今も現役の足利孝之師です。本願寺を代表する現役布教師では最高齢クラスではないでしょうか。
多くのお参りをお待ちしております。
尚コロナ対策のためマスク着用ください。

菩提樹

昨年から冬場に初めて落葉しなかった菩提樹の成長が素晴らしいです。
今までで一番力強く育ちました。
先の方はまだ新芽を出して成長しています。
小さい幹が集まり太い幹になっています
菩提樹の下には平らな石があり、座ると石の冷たさと菩提樹の木陰で涼しい場所です。

盂蘭盆会 8月常例布教

8月19、20日の盂蘭盆会 盆会です。高知の灯籠「土佐トーロー」です。高知県のオリジナル灯籠。初盆と2年目の盆「灯上げ」で故人宅の軒先に吊ります。灯上げが終わると、このトーローを川に流していました(灯籠流し)現在はそのようなことは出来ないのでお寺で最後の供養をして業者に持っていってもらいます。昔は各親戚から相当数のトーローが贈られて飾られていましたが最近は減ってきました。


8月は香川の高尾隆徳師です。久しぶりのご縁でした。
エアコンを付けましたので快適な本堂です
コロナの中、恒例の提灯や盆踊りは中止でしたが、ありがたいお参りです

本堂正面灯交換

本堂の正面灯が壊れました。いつから使っているの不明で部品もない上、サビも酷く交換となりました。以前のもの(HPホーム画面参照)よりお寺らしいクラシカルなものにしました。
今年は色々と設備設置や修理交換が多い年です。

境内の剪定

庭の剪定していただきました
8月の盆踊りは今年は中止です。常例法座(法話)は行います。
1 2 3 22