梅開花

梅が開花しました
本日気温は12度、梅が開花しました
この季節は丁度この梅の木の結んでいるようなところがよくわかります。
縁結びの枝垂れ梅

令和4月修正会

令和4年修正会。今年もよろしくお願いします。本日10時から行われました。
昨日より元旦は一日中参拝者が絶えません。
今年こそ自由に生活できる日が来ますように。
修正会限定腕輪ねんじゅ。参拝者に配られます。

秋らしくなってきました

秋らしい境内になりました

報恩講法要修行

11月4、5日弘願寺報恩講法要が行われました。講師は福岡の田村浩州師です。25年近くお願いしています。いつもは高座法話でお願いしていますが、今回はコロナのこともあり説教台でお願いしました。いつもありがたい法話で、法話に涙を流す方もいました。
翌日の昼は「おいとこさん」接待です。婦人会が数日前から準備してくれました。
翌日もたくさんの方のお参りがありました。

さて今年の法座は終了しました。来年こそコロナが終息し今まで通りの生活ができるよう念願します。
(ルンビニのタイ人寄贈の誕生仏像・・こんなこともにも自由に行けるようにと願います)

報恩講準備完了

浄土真宗の宗教食「おいとこさん」「お仏事」です。日本各地の真宗寺院で報恩講で振る舞われます。
五色幕は法要時のみ使用します
宮殿と本尊阿弥陀如来
内陣

報恩講

11月4日、5日は弘願寺、報恩講法要です。4日は午後7時半から5日は午前1時、午後1時半の3座です。

お取りこし報恩講 10月常例布教

10月19日はお取りこし報恩講。浄土真宗は親鸞聖人の遺徳をしのぶ「報恩講法要」が最も重要な法要です。西本願寺では1月16日まで1週間かけて法要を毎年行います。末寺はそれまでにそれぞれのお寺で報恩講を11月から12月ごろにかけて報恩講を行い。門徒はそれよりも早く10月ごろから各家庭で報恩講を行います。つまり3段階に分けて報恩講を行うのが伝統でそれを「お取りこし報恩講」と言います。弘願寺では弘願寺に集まり家庭の報恩講を行います。
講師は福岡の丸山英人師でした。
お取りこし報恩講は法話の後、御斎をいただきます。
数日前から婦人会が作ります。
「お仏事」「おいとこ煮」と言われる浄土真宗の宗教食です。報恩講のとき必ず作られます。
弘願寺は羊羹も振る舞われます。
皆さんと一緒にいただきます
20日朝の常例布教

佛旗ポール交換

40年ぶりに仏旗掲揚ポールを交換しました。土台がしっかりしていたので安価で交換できました。
私の鯉のぼりポールも兼ねていたそうです。
現場の足場に使うような木製でした。よく40年も持ちました。先の方はボロボロです
交換のきっかけは折れそうになったから。7mの木が倒れたら周りの門や建物はタダではすまなかったでしょう

弘願寺鬼瓦

現在の弘願寺本堂の鬼瓦です。正面からはみることができず納骨堂などからしかみることができないのでアップしました。
古いものは庭と春野町文化ホールにあります。

9月常例

9月19、20日の常例布教です。講師は徳島の千葉恒乘師でした。秋らしい風が吹き始めました。
1 2 3 26