寺院裏山、谷の防砂壁完成!

念願のお寺裏山、谷沢に県、市、地権者など多くの方の御協力により防砂壁が完成しました。蛇籠バスケットを置くタイプのものです。通常の水の流れはそのままにして大きい石が洪水で転がってくるのを防いでくれます。大雨の際大量の土砂が流れ、側溝を塞ぎお寺やその近隣住宅に水や土砂が流れていたのが防止されます。ありがたい事です。


イノシシに荒らされ谷に落ちている石、この石が大雨で転がってきます。修復以前の画像。
以前はこの谷にある石が流れてきていました。

お取り越し報恩講

親鸞聖人の徳を偲ぶ「報恩講」です。10月19日から20日に行われました。地区によっては各家庭で行われ、お坊さんは数ヶ月かけてお参りして行きます。弘願寺は合同のお取り越し報恩講です。
これは家庭の報恩講であり次にお寺の報恩講があり最終的には本山での御正忌報恩講へと3回に分けて行われて行きます。
講師は福岡の福高英昭師でした。20年ぶりくらいのご来山です。
お説教の後はお斎を頂きます。完全精進の「おぶつじ」とか「おいとこさん」と言われる浄土真宗の宗教食を頂きます。高知の郷土料理などとの資料もありますが浄土真宗の精進料理です。全国にバリエーションがあります。
お斎セット
おいとこさん(おいとこ煮)「おぶつじ」ともいう
お斎のセット、チラシと羊羹

9月常例法座

9月19日20日と常例法座が行われました。彼岸にはいり流石に朝晩は涼しくなってきました。永代経法要に引き続きのお参りありがたいことです。
講師は福岡の野田成敏師でした。初めての法縁です。

永代経法要

9月10日11日の二日間、弘願寺永代経法要が行われました。講師は奈良の花岡静人師です。たくさんのお参りがありました。

花岡静人師の御法話

9月とは思えない酷暑の永代経法要になりました。

11日昼はお斎があります。婦人会の皆さんに作っていただいています。

みんなでお斎をいただきます。

メニューはおでんです。
日中35度を超える酷暑の永代経法要になりましたが、昨年より多くのお参りがありました。

永代経法要準備中

9月10日午後7時半から翌日の夕方まで永代経法要が行われます。
講師は奈良の花岡静人師。
境内の準備は大体終わりました。たくさんの仏旗です。
明日は電飾を飾ります。

おみがき

9月3日朝、永代経法要を迎えるにあたり「おみがき」を行いました。
浄土真宗では仏具をみんなで磨く「おみがき」という行事(ようは大掃除です)があります。門徒が力を合わせて作ってきたお寺ですので、ほかの宗旨に見られる個人的にお坊さんが建てたお寺とは少し立ち位置が違うのが浄土真宗です。

納骨堂参道も綺麗にしてくれます

手前に見える葉っぱは本物のインド菩提樹です!

銅製の仏具は2種ありまして、茶色っぽいのが漆を焼き付けたもので本願寺派の特徴です。これは乾拭きだけです。金っぽいのは無垢の銅なので金属磨きで磨き上げます。


盂蘭盆会

8月19日弘願寺盂蘭盆会が開催されました。講師は片岡雅子師でした。
雨が降り室内に提灯をはりました。
親鸞音頭、よさこい踊りが行われました。
子供たちも一緒によさこいです
土佐トーロー 高知だけの灯篭です。
なぜかスリランカにも同じような灯篭をつける仏教文化があります

盆会準備

本日8月19日は盆会です、提灯を有志の皆さまに手伝って頂きました。
本日は雨なので本堂で提灯釣りです
約1時間半で完成しました

夏休みよさこい練習

19日の夜行われる、よさこい踊りの練習です。台風一過で少々バタバタするなか学校、保育園開催日と重なり参加者はあまりありませんでしたが、例年どうり行われました。

仏教DVDは真宗大谷派さんの仏典アニメです。非常に良い出来です。
よさこい練習
お楽しみのカレー大会。婦人会の皆さまありがとうございました。

7月常例布教

7月19日20日と常例布教でした。
大雨で少ないかと思っていたら、いつもより多くの方が聴聞にご来山くださいました。ありがたいことです。講師は出雲の佐々木俊教師です。3年ぶりの布教です。
20日朝も沢山のお参りがありました
1 2 3 18